平成二十二年(2010)
越後タイムスは
創刊百年を迎えます


 明治時代が終焉を告げ、元号が大正に変わる前年の明治四十四年、ローカル紙「越後タイムス」は誕生しました。文藝の香り豊かな週刊紙として、大正、昭和、平成の時代を通し、柏崎の文化と知性をリードしてまいりました。日刊紙とも大新聞とも視点を異にしながら、柏崎の文化や人をテーマに、掘り下げ、耕し、種を撒くことを信念に、ひたすら歩んでまいりました。
 「熟年元年」を迎えた今年、三年後の創刊百年をひかえ、小紙の果たす役割は大きいと自覚しております。
 百年の伝統を踏まえ次の百年をも見据えながら進んでいく所存であります。ぜひとも多くの皆様のご購読をお願い申し上げます。
 創刊百年に向け、創刊の精神に立ち返って、講演会や美術展などの開催を企画中
 柏崎ゆかりの文人、ジャーナリストだけでなく、プロの作家を含む充実した寄稿文を毎週掲載。
 時事的なテーマを独自の切り口で掘り下げる。他紙にはない分析と展望を毎週掲載。時には厳しい直言も。
・敗戦直後の柏崎・昭和初期の柏崎の文人たち
「越後タイムス」百年の記事の中から、その時代を象徴する記事を再録紹介。
奥から大正5年、昭和32年、(火野葦平、檀一雄、亀井勝一郎、岡部冬彦氏の顔が見える)平成17年の紙面
越後タイムス社
 編集・発行人■柴野毅実
 新潟県柏崎市東本町2丁目5番3号
 TEL 0257−23−6396
 FAX 0257−23−6395
タブロイド判 4頁 毎週金曜日発行
年間購読料 8,400円(送料、消費税共)
振    替 00670−9−745
※ 電話又はFAX、Eメールにてお申し込み下さい

KISS-NET:トップ | 掲示板2010〜, 04-09 | 越後タイムス2014, 13, 12, 11, 10, 09, 08, 07, 06, 05, 04 | 釣りバカ日誌